げーしーのくらし ~脱社畜編~

「人生アドベンチャー」をモットーに脱社畜にチャレンジするブログ

かほこママと幻冬舎の箕輪さんのvoicy対談が心にグサッと刺さる!

f:id:gasea-kiai:20180331121712p:plain

こんにちは!げーしー(@Gasea1991)です! 

 

みなさんvoicyって聞いた事ありますか?以下のリンクから聞けます。

Voicy(ボイシー)- 今日を彩るボイスメディア

 

前にブログでチラッと書いたんですけど、スマホで簡単に聞ける音声コンテンツアプリです。voicyは簡単に言えば、「声のブログ」って感じです。

以前の記事は、こちらです。

www.gasea-life.com

ぼくは通勤の時に聞いてるのですが、すごくためになる内容が多いです。おすすめの配信者は、イケハヤさん、梅木さん、かほこママ、小幡さん、なので、ぜひ聞いてみてください!

 

今回は、かほこママの配信してる「仮想銀座高級クラブかほこ」で、かほこママと幻冬舎の編集者 箕輪さんの対談を聞いていて、言葉が心に刺さりまくったので、ご紹介しようと思います。かほこママのvoicyはこちらから。

voicy.jp

箕輪さんとの対談は、第33夜、第34夜です。今回は第34夜の配信内容から抜粋します。

箕輪さん、マジかっけーです!

 

箕輪さん 名言集!

voicy内でぼくの心にグサッと刺さった、箕輪さんの名言をご紹介します!

 

「圧倒的に何かを成し遂げようとしてる人の姿に、人は惚れる」

これは、「どうやったら意中の人を振り向かせることができるのか?」という話題の時に箕輪さんが言った言葉です。ちなみに質問者は男の人です。

箕輪さん曰く、相手のことを振り向かせることに意識が集中してる時点で本末転倒だと。自分の本業で圧倒的に努力してたり、何かを成し遂げたりすれば、相手も振り向かざるを得ない。と言ってました。

プロボクサーを例にとるなら、女性を振り向かせるためにLINEの文章考えたり、プレゼント練ったりしてるヒマあったら、世界一になれるような練習しろよ。世界一になったら、嫌でも相手は振り向くだろ?ってことです。

箕輪さん、しびれる~!

 

「本業で日本一になれば、勝手に副業は寄ってくる」

これは、「副業を始めたいんですけど、どうやればいいですか?」という視聴者の質問への答えです。

箕輪さんの本業は幻冬舎の編集者です。しかも、少し前には幻冬舎の売り上げの上位を独占したりしています。すご過ぎ・・・

1位 お金2.0(佐藤航陽)

2位 日本再興戦略(落合陽一)

3位 マンガで身につく多動力

4位 AIとBIはいかに人間を変えるのか(波頭亮)

 

voicy内で話していますが、それでも箕輪さんの給料は手取りで30万円くらいらしいです。でも、箕輪さんは自分で会社を立ち上げたりもしていて、コンサル1時間で30万円くらい稼ぐこともあるそうです。

そういった意味では、まさに、本業を極めて副業が寄ってきている状態です。

箕輪さん曰く、「本業でブランドを作り、ブランドを打って金を回収している。本業ではブランドを稼いでる」と。副業を片手間でやってても、自分の時間を売ってるだけで本質的には意味がないということです。

心に刺さりますねえ・・・

 

成果主義の人は忙しくて、昼飯なんて食べてられない」

箕輪さんは基本、昼飯は食べないらしいです。どうしてもお腹がすいたら、ファミチキで済ますと言ってました。これは、できるだけ時間を有効活用したいからです。昼飯食ってる時間があったら、仕事をしたい!と。箕輪さんはやらされてるのではなく、自ら昼飯を食わない選択をしています。一般のサラリーマンからしたら、信じがたいストイックの塊です。ちなみにかほこママも昼飯食べないらしいです。

耳が痛いっす。

 

「不倫なんて人間として最低」

説明不要ですね。ほんとかっこいいです。「人は傷つけちゃいけねえんだ」と。

ぼくは男ですが、箕輪さんにときめきます。いや、男だからこそなのか・・・

 

「今は若者の時代」

昔は人脈や情報が独占されてたけど、インターネットの普及やモバイル端末によって、そういう境界は溶け始めています。

したがって、新しいものに対して、柔軟で吸収が速いので、若者の方が有利ということです。やっぱりどんどん新しいことに挑戦するのは大切ですね。

また、女性に関しては、「女性は希望だ」と言っています。女性の活躍こそが社会の発展には欠かせないと言っています。熱いだけでなく、こういう冷静な分析や色々な人を受け入れられる懐の深さが箕輪さんの魅力です。

 

げーしーと箕輪さんの違い

いやー、ほんと箕輪さんかっこいいです。

やっぱ自分のやりたいことを突き詰めてる人はキラキラしてますね。言葉の熱量が全然ちがいます。

でも、ぼくも同じ人間です。じゃあ、ぼくと箕輪さんの違いはなんなのか?

それは、本質的には「やるか」「やらないか」それだけだと思います。

自分のしたいことに対しての「作業量」「密度」「情熱」、どれをとっても箕輪さんは圧倒的なんじゃないかなと。

箕輪さんはやりたいことをやりきっている。平日嫌々働いているぼくなんか勝てるわけないですよね。

ちなみに箕輪さんについては依然にこの記事でも触れているので、よろしければ。

www.gasea-life.com

 

悔しいけど、ぼくは今からリスタートです!

ガンガンいこうぜ

 

げーしーでした!